「もう一度バイクに乗りたい!」リターンライダーのための記事

仕事や家庭中心に生活しているうちに乗らなくなってしまった…。

ほとんどバイクに乗ったことはないけれど免許だけは持っている…。

欲しいバイクがあるけれど、運転が不安…。

そんな方はいませんか?
いま、バイクツーリングのブームもあり、リターンライダーが増えています。

リターンライダーがバイク運転を練習する方法

ペーパーライダーが、年単位のブランクを経て、いきなりツーリング!というわけにはなかなかいかないもの。

久しぶりの運転に練習はつきものです。

練習方法をいくつかご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ひとりでバイク運転の練習をする

まだ、バイクに乗らなくなって日が浅い、ライトなペーパーライダー向け教習。

車が少ない早朝の練習がおすすめです。

スタート練習や、ブレーキ練習を繰り返し、バイク操作を頭と体にしっかり覚えさせましょう。

決してスピードを出さないように注意しましょう。

バイク好きの誰かに付き合ってもらう

誰かに付き合ってもらって練習をすれば、自分一人では分からない部分も教えてもらえます。

車通りの少ない場所で、落ち着いて練習しましょう。

しかし、 教えてくれる相手は教習のプロではありませんので、場合によってはヤキモキさせてしまうことも。

誰に頼むのか、きちんと選んでお願いしてみましょう。

バイク運転のプロによる教習を受ける

バイク教習のプロが、ていねいにしっかり教えてくれます。

ペーパーライダー歴の長い方、バイクの運転方法がすっかり頭から抜け落ちている方は これが一番安全です。

しかも効率よい教習で、自分で運転練習をするよりも早く上達できる方が多いのもポイントです。

出張ペーパーライダー講習(リターンライダー講習)とは?

「ペーパーライダー講習」とは、バイク運転のプロが、バイクの乗り方を1から教えてくれる講習のことです。

インカムを使用しながら練習できるので安心。

原付から大型二輪まで対応しています。

こんな方にオススメ!

  • バイク免許はあるけれど全然乗っていない
  • リターンライダーで走るのが怖い
  • 久しぶりにバイクに乗りたいけど心配
  • バイクの乗り方をもう忘れてしまっている
  • 念願のバイクを購入したので納車の付き添いが欲しい

ペーパーライダー講習のプラン・時間・費用は?

ペーパーライダー講習の時間と料金

スクールによりますが、2時間で15,000円~20,000円でペーパーライダー講習を受けられるスクールが多いです。

出張ペーパーライダー講習の練習内容

ペーパーライダー講習・リターンライダー講習について

出張ペーパーライダー講習は、お客様のご希望の場所までインストラクターが出張いたします。時間に融通がきき、実践的な練習が可能です。

発進停止練習、カーブなど、免許を取る際に学んだことのおさらいをした後、道路を走る実践練習も可能です。

  • 発進停止
  • 内外周
  • 各課題の通過方法
  • クラッチとアクセルの調和
  • 円滑なギア操作
など、それぞれのレベルや目的に合わせてアレンジができます。
また、友人と一緒に受けることもできますよ。
大型二輪でも原付でもOKです。

ペーパーライダー講習に必要なもの

必須
・運転免許証
・胸部プロテクター
・ヘルメット(半帽不可)
・グローブ
・長袖・長ズボン

推奨装備
・フルフェイスまたはジェット型ヘルメット
・ライダースジャケット
・ライダースシューズ
・グローブ
・プロテクター(背部・肩・胸部・肘・膝)

※※スクールによって変わります。装備はレンタルOKの場合も有。

関東でオススメのペーパーライダースクール

湘南運転教室 SDC (神奈川)

指導歴20年以上のベテランインストラクターが、優しくていねいに教習してくれる出張型のスクールです。

ひとりひとりのレベルや、目的に合わせた実践的なレッスンは、ペーパー歴の長い方や、免許を取り立てでひとりで走れるのか心配という方にもオススメ。

ナウドライバーズ カレッジ (東京/千葉/埼玉/神奈川)

ペーパーライダー講習に来てくれる出張型スクール。 長い間バイクに乗っていなかったペーパーライダーの方から、納車時の付き添いまで、バイク運転に関することで頼りになります。

ペーパーライダー講習を受けて二輪ライフを楽しもう

バイクに乗りたい!と思う時はどんな時でしょうか。
移動手段としてバイクに乗りたい。
ツーリングを楽しみたい。
昔欲しかったバイクを買えるようになった。
趣味としてバイクを始めたい。
など、様々な目的があるかと思います。
ペーパーライダー講習を受けて、プロにきちんと教わることで、運転に自信をもてるようになりますよ。

よき二輪ライフを!